FC2ブログ

ご無沙汰しております(笑)

ってか、これ読んでくれてる人いるのかなぁ。
前回の記事って、一昨年の夏じゃん(笑)(笑)

それはともかく・・・・

昨日、昨年6月にスタートした 
『ばいたる道場 東京一期』
の全12回の講義が修了しました。

毎月1回開講で、1年間。



僕のやっている施術は特別なことじゃなく、
誰にでもできること。

誰しもが持っていて、当たり前のように
使っている

『生命力』

を、人よりちょっと上手に使っているだけ。



そして、これが一番大切なのだけれど、

『生命力』って、

中国では
『氣』

と呼ばれてるし、

インドでは
『プラーナ』
と呼ばれてて、

つまり、
中国では、気功や功夫(カンフー)、風水に使われてるし、
インドでは、ヨガに使われてるもの。


だから、きちんと理解して、正しく使うことができれば、

気功が目指していることも、
功夫が目指していることも、
風水が目指していることも、
ヨガが目指していることも、

それを専門に修行されている方々ほどではないけれど、
何となくはわかってくるものなんです。

勝手なイメージだけれど、

気功の達人が悪者を吹き飛ばしたり、
功夫の達人が怪我した人を癒やしたりするでしょ?

あんな感じ。

そのために、1年間という長いスパンで開講したのだけれど。


何かね、お正月とかお盆とかの、
親戚の集まりみたいな場になってたなぁ(笑)



僕は130歳まで生きるので、
そろそろ人生の半ばに差し掛かったくらいなんだけど、

人生が進むにつれて、
自分の周りには大切な人しかいなくなってきた。

違うな。
周りにいてくれる人がみんな、
とても大切で愛おしい人ばかりになってきた。


アシスタントのまこさんは、
自分を含めて『門下生』って呼ぶけれど、

僕にとってはみんな家族親戚としか思えません。



全12回を終えましたが、

みんながまだ終わりたくないと言ってくれるので、
来月もまた集まるそうです(笑)




そして、
職業として施術家をさせて頂くようになって
今月で丸5年なのですが、


東京一期のみんなは既に、
おこがましくも施術家を名乗っていた
5年前の僕よりも、

遙かにクオリティーの高い施術をマスターしています。

何か、5年前に僕の施術を受けてくださった人に
申し訳ない気持ちです。

当然ながら、僕自身も5年前よりも
遙かに成長していますので、
当時、僕の施術を受けてくださった人には、
今の僕の施術をお見せしたいなぁ。


それはともかく、
東京一期のほとんどの人は施術家になりたいわけではないみたい。

『生命力』というエネルギーを理解したことで、

できるようになったことのひとつが施術ってこと。

まぁ、僕も施術を教えて施術家を育てようと思っているわけではないし。


一番伝えたかったことはちゃんと伝わっているはず。

その成果なのかなぁ?
あまり大きな声では言えませんが・・・・

東京一期生は、全員仕事を辞めました。


反対に、声を大にして言いますが、

それは僕のせいではないからね(笑)



そして、今日はお袋の15回目の命日です。

生きてるうちにはほとんど孝行できなかったなぁ・・・・。

ごめんなさい。




でもね、今の僕は

たくさんの大切な人に囲まれて、


本当にしあわせです。



お母さん。
心からありがとう。
スポンサーサイト



2019.05.14 / Top↑
Secret