FC2ブログ

1月は行く、2月は逃げるといいますが、
3月も去るといわれるだけあって
光の速さで過ぎ去っていきますなぁ・・・・。
気が付けば、前回のブログ更新から
10日以上も経ってしまいました。


・・・・面目ない。



さてさて。
何度もお話していますが、
『 ばいたるえなじ~ 』 の施術は
エネルギーワークと呼ばれる類のものです。

エネルギーを整えたり、
流れの滞りを改善したり。

或いは良いエネルギーをチャージしたり、
反対に悪いエネルギーを抜き出したり。

まぁそんなことをやっています。

ここでいうエネルギーとは、
『 生命力 』 とも 、
『 命 』 そのものとも言い換えることができますが、
僕は、このエネルギーは
東洋医学で『 気 』 と呼ばれているものと
全く同じものだと思っています。

そして、風水などでよく使われる
『 気のいい場所 』 『 気の悪い場所 』 といった
言葉が表している 『 気 』 もまた
全く同じものだと思うんです。

僕は風水などはよくわからないのですが、
それでも、僕に限らず誰だって
どこかへ行ったときに何気なく
『 何かここ【気】がいいよね 』 とか、
『 ここは何か嫌な【気】がする 』 とか、
そんな何かを無意識に感じ取っているはずです。

そういったことに対する感度の低い人もいますが、
そういう人でも、
何となく清々しい場所だと感じるところはあるでしょう?

僕はよく、
患者さんにエネルギーをチャージするのと同じ方法で
エネルギーを空間に向けて放出したりもするのですが、
そうすると何となく 『 気が悪い 』 と感じる場所でも、
雰囲気が改善されたりするんですよ。

結局は答え合わせのしようがない、
正解のない議論になってしまうのですが、
僕 は 『 気 』 についてそんな風に考えています。


でね、ここからが本題なのですが。


日曜日の朝に、うちの人と一緒に
わんこ4頭を連れて散歩に出かけました。


今住んでいるところはうちの人の地元なんですよ。
実家の住所とは町名は同じで
何丁目という数字がひとつ違うだけ。

なので、散歩しながらよく
『 その角をまがったところに八百屋さんがあって 』
とか、
『 この花屋さんは鮮度がいいの 』
とか、
そんな地元案内をしてくれます。

そんな流れで
『 このパン屋さんはすごく美味しいの 』
ということになりまして。
目を輝かせながら
『 買っていこうよ 』
と言うわけです。

『 私行ってくるから、この子達と外で待ってて 』

『 あ、財布持ってきてないや。お金持ってる? 』

なんて、絶っ対に計画的だよ(笑)




でもって、これは男女による違いなのか、
うちの人の個体的な性質なのか・・・・。

外でわんこ4頭連れてポツ~ンと待っているのに、
お店の中でじっくりと長~い時間をかけて
パンを選んでやがるんです。

ちょっとムカつきながら、ウインドウ越しに
楽しそうにパンを選んでいるうちの人を眺めていると、
後ろからわんこ達に
『 おやおや、お母さんを待っているのかな?偉いねぇ 』
と穏やかな声で話しかけてくれる男性がいまして。

振り返ると、今度は僕にも
『 たくさんのわんちゃんのお散歩大変でしょう? 』
『 奥さま、楽しそうに選んでおられますね 』
とにっこり微笑みながら声を掛けて下さり、
会釈をするとそのままパン屋さんに入って行かれました。

60代半ばかなぁ。
すごく穏やかそうな人で、
おしゃれな身だしなみ&ヘアースタイル。

アッシュブラウン系にカラーリングした髪を
キレイにオールバックに整えてあって。



それから更に少し待たされてから
ようやくうちの人が出てきました。

『 遅っせぇよ 』
『 短気は損気だよ(笑) 』
『 てめぇぶっ飛ばすぞ 』

なんてジャレつつ
わんこ達にあちこち匂いを嗅がせながら
のんびり歩きを再開すると、

うしろから先ほどの男性が

『 お先に失礼しますね 』

と追い越されていきました。

僕らを追い越してすぐ
ご自宅兼用のお店に入って行かれたのですが、
そのお店は結構大きな美容室でした。

なんかね、僕の勝手なイメージなのですが、
お顔を見た時から、この男性は絶対に
個人タクシーの運転手さんか、
美容師さんだろうな、と思っていたんですよ。

分かってもらえます?僕のイメージ。


いやいや、そういうことじゃなくて。




僕が治療院を開くために引っ越すにあたって、
一番気にしたのは 『 家の気 』 なんです。

うちに来られた事がある方には
分かっていただけると思いますが、

『 ばいたるえなじ~ 』 のお客様は異口同音に


『 すごく気が良いですね 』

と言ってくださいます。



元々、そういう気の良いお家だったのですが、
うちの人が住むようになって
更にパワーアップした感じ。

うちの人は、すごく家を愛してくれるんです。
その辺りのことは


2014-10-11のブログ(新しいウインドウで開きます)


をご覧いただくとして。


何が言いたいのかと言うと、
その男性が入って行かれたドアの隙間から見えた
美容院の気がものすごく良いんです。

店内だけでなく、建物そのものから
とんでもないオーラが出ている感じ。


多分、
ご主人にすごく愛されているお宅&お店なんですね。


うちの人と顔を見合わせて
『 すごかったねぇ 』 って。

その前後に何の言葉がなくとも、
お互いが何に驚いているのかわかってましたもの。

根拠なんてこれっぽっちもありませんが、
きっと、
あの男性はすごく腕の良い美容師さんだと思います。



その日の午後。
うちの人とそれぞれが読みたい本を携えて、
喫茶店でデートをしました。


はんなりリサイズ



僕がフェイスブックで参加している
地元のコミュニティでよく話題に上がっている
評判のお店に初めてお邪魔したのですが・・・・。


このお店もまた、とんでもなく気の良いお店で。


コーヒーがすごく美味しくて。

お話しさせていただいたマスター&奥さまの
人柄も最高で。

外から見ても、店内に入っても
お店のオーラがとんでもない感じ。


腕が良いとか美味しいとか。
それは当たり前すぎるくらい当然のことで。

それプラス人柄とか、
空間の居心地の良さとか、
そういったものは絶対必要なんだな、と
改めて勉強させていただきました。


『 ばいたるえなじ~ 』 もそれを目指したいな。


絶対また行きたくなるもの。

あ、美容院には一生行かないけど(笑)







スポンサーサイト



2015.03.17 / Top↑
Secret