FC2ブログ

我が家には、
ということは不思議な治療院 『 ばいたるえなじ~ 』には、
これまで4頭のわんこが仲良く暮らしていました。

縁あってうちの子になってくれた順に

黒ラブの 『 弁慶 』

弁慶リサイズ

この子は山梨県にあった、多頭飼いの飼育放棄の現場からレスキューしました。



そして、雑種の 『 龍之介&あやめ 』

龍之介&あやめ2リサイズ

手前が 龍之介 で奥が あやめ

わかりにくいかな?


龍之介&あやめ1リサイズ


右が 龍之介 で左が あやめ


最後が 『 鶴吉 』


鶴吉リサイズ

雑種なんだけど、見た目がミニチュアピンシャーっぽいので、

我が家では アマチュア ピンシャーと呼ばれています。



これまでは
僕たちと4頭のわんことの6人家族で仲良く暮らしていたのですが・・・・

つい先日の日曜日のこと。

そんな我が家に、新たに縁あって生後2か月のミニチュアダックスがやってきてくれました。

大和リサイズ


うちの子はみんな純和風の名前を付けてきたということもあり、
この子の名前は 『 大和 』 =やまとに決まりました。




大和がうちの子になって二日目。


『 ばいたるえなじ~ 』 に仲間が2人集まってくれて、
同じにおいのする怪しいセラピスト3人の悪だくみミーティングが行われました。

そこで話題になったのが、うちのわんこ達の名前のこと。

ざっくりまとめると

みんな和風の名前だけど、
どれも真剣に考えてもらった素敵な名前でいいわね~

みたいな・・・・。


その場では

『 うん、どの子の名前もみんな結構マジで考えたよ 』

なんて答えたのですが、

それ以降今日までずっと胸の奥に モヤモヤ がありまして。






鶴吉のことなんですが・・・・・


この子は 龍之介あやめ の間にできた子供なんです。



この2頭、見た目もそっくりですし、ほぼ間違いなく兄妹なんですが、
揃って家の前に捨てられていまして。

当時我が家では弁慶以外にももう1頭の大型犬と柴犬が暮らしていましたから、
きっと『 この家なら育ててくれるんじゃないか 』 なんて思われたんじゃないかな、と・・・・。




それはともかく、すぐに保護して動物病院で診てもらったところ、

『 どちらもちょうど永久歯が生えそろった頃なので、おそらくは生後約9ヶ月くらいでしょう 』

『 あやめちゃんは間もなく初潮がくるでしょうから、そろそろ避妊した方がいいかもしれませんね』

『 龍之介くんの去勢とあやめちゃんの避妊と、どのタイミングで手術するか考えておいてくださいね 』

と言われましたが、保護したばかりでしたし、


『 じゃあもう少し環境に慣れてからお願いします 』

ってことにして、その日は家に連れて帰りました。


すると、その翌月位から段々とあやめのお腹が大きくなりまして。

慌てて病院で診てもらうと・・・・

ご懐妊でした。


病院では、兄妹で愛し合ってしまったんでしょうね、と・・・・。


更にそのひと月後、3匹の仔犬が生まれてきてくれました。

三匹1リサイズ
三匹2リサイズ


お腹から出てきた順に

1:龍之介やあやめにそっくりの子♀

2:色は龍之介やあやめと同じなんだけど、ルックスはミニチュアピンシャーそっくりの子♂

3:毛の質やルックスは龍之介やあやめとそっくりなんだけど、色はベージュ一色の子♂



先住犬3頭のところに、龍之介とあやめを迎えて5頭でしょ。

そこにさらに仔犬が3頭生まれて8頭って、何ぼ何でも一般家庭でそれは無理ですよ。


なので、
仔犬3頭は里親さんになってくれる方を探そうということになりました。

ただ、それまでの間名前がないのも不便なので、
『 三匹の子豚 』 に擬えまして、

生まれてきた順に

ぶ~ ふ~ う~ (仮名) 

ということにして、
正式な名前は里親さんに決めていただこう、と・・・・。



動物病院のお力添えもあり、
ぶ~う~ には
間もなく新しくパパやママになってくれる方が見つかりました。


が・・・・・

何故か ふ~ だけには中々ご縁がなく、

段々面倒くさくなってきて

もういいや うちの子にしよ

ってことにしたのが 鶴吉 なんです。


そう決めて、顔を覗き込みながら

『 お前は今日から正式にうちの子だよ。ちゃんと名前つけてあげなきゃね 』

なんて話しかけた瞬間、至近距離から耳が痛くなるような大きな声で

キャンキャンキャン

って吠えやがりまして。

今思えば、きっとそれまでの成り行きとか全部理解した上で、
プレッシャーから解放されて嬉しくて嬉しくてって感じだったんだと思います。

でもね。ほんとに耳が痛くなったんですよ。

何というか、

耳の中で耳くそが動いてカサカサ音がしちゃうくらいの音圧を至近距離から食らったわけですから。



この時ね、僕、ちょっと酔っぱらっていました。

まぁ、それで気が大きくなってたからこそ

『 うちの子にしよう 』

と決めたわけでもあるんですが、なにせ酔っぱらっていますから


何だよ、てめぇ。鶴みたいな甲高い声で吠えやがって。

よぉし、お前は今日から鶴吉だ ‼






こんなことが名前の由来だなんて、鶴吉に申し訳なくて・・・・。

それが、ここ何日間かの モヤモヤ の正体です。






改めて真剣に名前を考えまして、

今日から彼の正式な名前は


鶴之進


とすることにしました。



なので、

今後は彼のことは



鶴之進




と呼んでやってください。




スポンサーサイト



2015.05.28 / Top↑
うちの人、結構古風なところがありまして。
亭主を立ててくれるというか。

食事のときとかでも、一緒に
『 いただきます 』
って言ったあと、
僕が最初の一口を食べ始めるまで
自分は料理に口をつけません。

今日は、ちょっとお出かけしまして。
安くておいしい焼き鳥屋さんから
大量に焼き鳥を買って帰りました。

で、ついさっき
晩ごはん&晩酌タイムでの出来事。

普段なら
『 いただきます 』
のあと、僕が何かを食べるのを
じっと待っている彼女が、
猛ダッシュで焼き鳥の載った
お皿に手を伸ばし、
すごい勢いで1本の焼き鳥を口に運びました。

びっくりして、彼女の手許を見ると、
彼女が手に口に運んでいる焼き鳥は
食べる前から一番端っこの身がなくなり、
竹串がむき出しになっていました。

焼き鳥リサイズ


台所でつまみ食いしやがったな(笑)




2015.05.23 / Top↑
ご自身もマスターズ甲子園で硬式野球に打ち込み、地元の子供たちにスポーツの指導などをされておられるお友達がフェイスブックに

【小学校の頃から知っている中学3年の女子とお話をしたら、すごく礼儀正しい素直な子に育っていて、こんな風に子供を育て上げられた親御さんを尊敬します】 

というようなお話を投稿されていたのですが、


この記事を読んで、僕も昔全く同じ経験をしたことを思い出し、とても悔しくなりました。


もう10年以上前のことなのですが、僕は当時、交通事故の鑑定の仕事をしていまして。

移動の足にはバイクを使っていたのですが、当時はスマホもバイク用のナビもなく、【首都圏詳細地図】みたいな地図帳を愛用していました。


でね。交通事故の当事者から直接お話を伺う必要があったのですが、こういうのって相手のご都合に合わせてしかアポイントを取れませんから、【休日にしか時間は取れません】なんて言われることも多く、この時は日曜日の早朝にご自宅に伺うという約束になっていました。


往訪先は、田園風景の中に昔からの農家さんが点在するような地域に、新しく区画された住宅地が幾つか混在するようなエリア内の真新しい戸建て住宅だったんですが、新しすぎて地図に出ていないというか、地図帳と実際の景色が違うというか・・・・。

なんか言い訳がましい感じになっていますが、要するに迷子になりかけまして(笑)



道端に駐めたバイクに跨ったまま、タンクの上に地図帳を広げて

『 何だよ~、いい歳して迷子になりそうだよ、カッコ悪りぃな・・・・ 』

なんて途方に暮れていると、その脇を野球のユニフォームを着た男子がふたり、早足でテクテクと追い越して行きながら、元気に 『 おはようございます 』 と挨拶をしてくれました。

小学校5~6年生くらいだったかなぁ。

反射的に

『 ねぇ、君らこの辺りの子かな? 』

と声をかけたところ、既に10mほど離れていた少年たちはくるっと振り返り、駆け足でこちらに戻ってきて直立不動の姿勢で帽子を脱ぎ、

真っ直ぐに僕の目を見ながら

『 はい。何でしょうか? 』

と返事をしてくれました。

野球少年


その姿を見たとき、この少年たちに野球を教えている指導者の方はすごい人格者なんだろうな、と尊敬すると同時に、

何かね、すごく恥ずかしくなってしまいました。

自分だって子供の頃から武道を習い、両親や祖母にも厳しく躾けてもらって礼儀正しく育ったつもりだったのですが、


空手少年リサイズ



そんな自分が人様にものを尋ねるときにバイクに跨ったままってどういうこと・・・・・?

慌ててバイクを降りて姿勢を正し、改めて道を尋ねたのですが、今何が悔しいかって、あんなに自らを恥ずかしいと思わせてくれた少年たちとの出会いを、友達が書いた記事を読むまで綺麗に忘れてしまっていたこと。


改めて、あの少年たちに恥ずかしくないような、礼儀正しい大人でありたいと強く思った次第であります。



2015.05.16 / Top↑
あちゃ~

気が付けば、またまた前回ブログを書いてから2週間以上が経ってしまっております。ご無沙汰ばかりで本当にごめんなさい。

さてさて。今回のブログはお酒についてです。

僕は基本的にあまりお酒が強くありません。何というか、体調によってかなり左右される部分がありまして、一般的な方とは反対に体調が良い時ほど弱くなります。

ここで言っている体調とは、身体のエネルギーの流れとかそういうベクトルでの体調のことなんですが、身体が活性化すればするほど弱くなるというニュアンスですね。

これまでブログで書いたことあったかなぁ・・・・。

ご存知の方も多いと思いますが、僕の施術は患者さんのお身体を生体エネルギーという側面から整え、自己免疫力とか自然治癒力とか呼ばれている類のものを活性化させていきます。
この時、人様のお身体を活性化させるために、その前段階としてまず自分の身体がすごく活性化するようで、たくさんの方の施術をさせていただいた日ほど元気になりますし、自分で見てもわかるほど若々しい顔になったりもするのですが、そんな日ほど、自分でもびっくりするほどお酒が飲めなくなってしまいます。

以前、一日に8人の施術をさせていただいた日にビールを飲んでみたことがあったのですが、その時には350mlの缶ビールを半分も飲まないうちに、まるで意識を失うようにオチてしまいました。



閑話休題



僕の参加しているフェイスブックの地元コミュニティには 『 ばいたるえなじ~ 』 以外にあと2軒、同じニオイのする治療院がありまして。

タイの古式整体とか台湾式十二経絡とか、聞いただけで 怪しい 同じニオイがプンプンするでしょ(笑)

で、昨日。その2軒の治療院をやっておられる姐さんお2人が来られまして、居酒屋『ばいたるえなじ~』がオープンしました。
まぁ何のことはない酒でも飲みながら悪だくみをしようという集まりだったのですが、 『 ワインは赤玉パンチが甘くて一番好きです 』 的な僕にはもったいないような、なんていったか宮崎駿さんのスタジオの名前みたいなワインを持ってきてくれてたりで、すごく楽しい 宴会 ミーティングになりました。

コルクリサイズ


でね。昨日はあまり施術をしていなかったので、僕としては割と飲める日のつもりでいたんです。

なのに、4時間ほどの 宴会 ミーティングがお開きになって眠ろうとしたら脈がドクドク打ってなかなか眠れず、しかも今朝起きたらなんか軽く頭が痛くなっておりました。

多分、21世紀になって初めて味わう二日酔いです。

なんかね、一流の施術家の人達って、一緒にいるだけでかなり身体が活性化するみたいです。

2015.05.15 / Top↑